長時間寝ると腰が痛いという方へ!対処法を解説します! | 伊勢崎市で肩こり・腰痛・不妊の鍼灸治療のことならきよ治療院

きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜
WEB予約 24H受け付けています!! エキテンかんたん予約

ブログ

ブログblog

長時間寝ると腰が痛いという方へ!対処法を解説します!

2021年11月20日(土)06:00

「長時間寝ると腰が痛い」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
長時間睡眠による腰の痛みはいくつかの原因が考えられます。
今回は、そのいくつかの原因や寝る時の姿勢について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□長時間寝ると腰が痛い時の原因とは?

長時間寝た時に腰が痛くなる原因は何なのでしょうか。
様々な原因が考えられますが、その中の1つに寝具の劣化が挙げられます。

現在お使いの寝具はいつからお使いのものでしょうか。
一般的に、敷布団は3年から5年、ベッドのマットレスは長くても10年ほどが買い替えの目安とされています。
それ以上経っていないでしょうか。

1日に8時間睡眠を取る方であれば、人生の3分の1は寝ていることになります。
また、人は睡眠時にコップ3杯ほどの汗をかくと言われています。
つまり、寝具には大きな負担が毎日かかっているのです。

寝具が劣化しているために腰痛があるのかもと思われた方は、思い切って新しくしてみてください。
しかし、なかなか急には全て新しいものにはできないかもしれません。
その場合は、以下の3つを試してみてください。

・マットレスを裏返してみる
・仰向けで寝ている時は膝の下に枕を置く
・横向きで丸まって寝る

この3つを試すことで、腰への負担を軽減できるかもしれません。
もしそれでも治らなかった場合は、当社までご相談ください。

□理想的な寝る時の姿勢をご紹介!

腰痛は、寝る時の姿勢にも大きく影響を受けます。
正しい姿勢を保つことで、腰痛を軽減できることもあるでしょう。
ここでは、理想的な寝姿勢をご紹介します。

理想的な姿勢は立った状態で背筋を伸ばした姿勢です。
つまり、背中が曲がってしまっていたり、腰が反っていたりすると、負担がかかります。

長時間寝た時腰に痛みを感じる人は、理想的な寝姿勢でない姿勢になっていないか確認してください。
しかし、入眠する時に理想的な姿勢であっても、寝ている最中にどんどん崩れていくかもしれません。
それを防止するためには、寝具の改善などの方法で寝返りを打てる環境を整えてみてください。

また、筋力が落ちていることで、腰が痛くなることもあります。
筋力トレーニングをしてみるのも良いかもしれません。

□まとめ

本記事では、長時間寝た際の腰痛に関して解説しました。
寝具が原因になっている可能性があるので、長年お使いの方は新しいものにしても良いかもしれません。
また、姿勢を正してみるなどの方法も試してみてください。

 


pagetop
きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜