寝てると腰が痛い?痛くなる原因と対処法をご紹介します | 伊勢崎市で肩こり・腰痛・不妊の鍼灸治療のことならきよ治療院

きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜
WEB予約 24H受け付けています!! エキテンかんたん予約

ブログ

ブログblog

寝てると腰が痛い?痛くなる原因と対処法をご紹介します

2022年04月10日(日)06:00

寝てると腰が痛いとお悩みの方はいらっしゃいませんか。
その理由はなぜなのでしょうか。
この記事では、寝起きに腰が痛くなる理由と対処法について解説します。
ぜひご一読ください。

□寝ていると腰が痛くなる理由とは?

寝ていると腰が痛くなる理由とは何なのでしょう。
大きく2つあります。

1つ目の考えられる理由は、長い時間ずっと同じ姿勢であるからです。
寝ている間は起きている間よりも動きが少なくなります。
ずっと同じ姿勢で寝ていると、同じ場所ばかりに体重がかかり負担になります。
その結果として、血行不良になり腰痛などにつながるのです。

人間は長時間同じ姿勢にならないために、寝ている時でも無意識に寝返りをうちます。
しかし、何かしらの理由で寝返りが少なかったり、もともと腰痛を持っていて腰が痛みやすくなっていたりすることで、起きた時に腰が痛くなるのです。

2つ目の理由は、マットレスや布団などが身体に合ったものではないからです。
寝具がご自身の身体に合ったものじゃないと、腰が痛くなることがあります。
例えば、硬すぎるマットレスを使っていると、背骨や肩甲骨、そして骨盤への負担が大きくなります。
反対に柔らかすぎても、身体が沈み込んでしまって寝返りが打てずに、腰が痛くなります。

□寝起きの腰痛への対処法をご紹介

続いては、寝起きの腰痛への対処法をご紹介します。

まずはご自身に合ったマットレスや枕を使ってください。
寝返りがうてないと腰が痛くなります。
しっかりと寝返りのうちやすいマットレスを使うことが大切です。
また、枕も肩や腰の負担を減らすために重要なので、枕選びも重視してください。

寝返りが少ない人には、低反発素材のマットレスや枕がおすすめです。
低反発素材のものだと、体圧分散性が高くなるため、全身がマットレスに接していることになります。
その状態だと、負担が全身に分散するので、睡眠中の肩や腰への負担が軽減されるでしょう。

また、室温にも注意してください。
室温が低すぎると、血管が収縮して血流が悪くなります。
最適な温度に保つことで、快適に寝れるだけでなく、寝起きの腰痛にも予防効果があります。

□まとめ

今回は、寝ていると腰が痛くなる原因を2つご紹介しました。
長時間同じ姿勢を保つことと、マットレスが合っていないことが考えられました。
改善策としては、マットレスや枕を適したものを選び、室内の適温を保つことです。
起きた時の腰痛にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。


pagetop
きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜