40代に多い腰痛の特徴や治らない原因について解説します! | 伊勢崎市で肩こり・腰痛・不妊の鍼灸治療のことならきよ治療院

きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜
WEB予約 24H受け付けています!! エキテンかんたん予約

ブログ

ブログblog

40代に多い腰痛の特徴や治らない原因について解説します!

2023年11月27日(月)06:00

40代のサラリーマンや主婦の多くが、腰痛に悩んでいます。
40代での腰痛は、多くの人が一度は経験するものであり、その原因や解決策は多岐にわたります。
また、腰痛がなかなか治らないといった悩みを抱えている方も多いです。
この記事では、40代に多い腰痛の特徴とその原因、さらにはなぜ腰痛が治らないのかについて解説します。

□40代に多い腰痛の特徴と原因

*加齢による腰痛

体の老化は腰痛の大きな要因となります。
骨や関節が老化することで、それまで気にならなかった腰の負担が顕著になるのです。
また、筋力の低下も無視できない要素であり、これが腰にかかる負担を増大させています。
このような体の変化は避けられないものであり、早めの対策が必要です。
例えば、適度な運動やストレッチで筋力を維持すること、骨密度をチェックすることなどがおすすめです。

*腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛

この年代では、腰椎椎間板ヘルニアのリスクが高くなります。
特に重いものを持ち上げる動作や、長時間の座り仕事がこのリスクを高めます。
早期発見が重要であるため、定期的な健康チェックが大切です。

*ストレスによる腰痛

仕事や家庭のストレスも、腰痛の一因となることが多いです。
ストレスがかかると、無意識のうちに体が硬くなり、特に腰周りの筋肉が緊張します。
リラクゼーションや適度な運動で、ストレスを解消することが求められます。

□腰痛が治らない原因

1.筋肉の緊張

腰痛が続く一番の原因は、筋肉の緊張が解けていないことです。
特に、不規則な生活やストレス、運動不足が筋肉を硬くしてしまいます。

2.神経の圧迫

椎間板ヘルニアや腰椎すべり症など、神経を圧迫する疾患も腰痛の原因です。
このような状態では、単なる腰痛以上に、しびれや痺れを感じることもあります。
そのため、早期の診断と治療が必要です。

3.姿勢の問題

長時間のデスクワークや立ち仕事が、姿勢を悪化させることがあります。
悪い姿勢は、腰だけでなく全身に悪影響を及ぼし、腰痛を慢性化させます。
日常生活での姿勢に気を付けることが、腰痛改善の第1歩です。

□まとめ

今回は、40代に多い腰痛の特徴とその原因、さらにはなぜ腰痛が治らないのかについて解説しました。
40代に多い腰痛の原因は多岐にわたりますが、加齢やヘルニア、ストレスが主な要因です。
また、腰痛が治らない背後には、筋肉の緊張や神経の圧迫、悪い姿勢といった問題が潜んでいます。
これらの原因を理解し、適切な対策を講じることで、より快適な日常生活を送れます。
腰痛にお悩みの方はぜひ参考にしてください。


pagetop
きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜
Verified by MonsterInsights