AMHが低ければ妊娠しないって本当? AMHの改善方法について簡単解説! | 伊勢崎市で肩こり・腰痛・不妊の鍼灸治療のことならきよ治療院

きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜
WEB予約 24H受け付けています!! エキテンかんたん予約

ブログ

ブログblog

AMHが低ければ妊娠しないって本当? AMHの改善方法について簡単解説!

2018年02月12日(月)06:00

「AMH値が低いと妊娠しにくいって聞いたけれど、それって本当…?」これは、よく耳にする疑問です。
そもそも、AMHとはなんでしょうか。また、改善することによってどんなメリットがあるのでしょうか。
今回は、AMH値の基礎知識について、またAMHの改善方法についてご紹介します。

■AMHについて

AMHとは、アンチミューラリアンホルモンの略で発育過程である卵胞から分泌されるホルモンのことです。
血中AMH値が原子卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると考えられています。
その値は、卵巣内にどれくらいの卵が残っているかを表しています。
そのため、AMHは卵巣予備能の目安値となる評価指数で、不妊症治療領域では近年話題になっています。

AMH値が示すのは卵子の在庫の目安であり、その卵の質が良いか、順調に育つかは年齢に依存します。
卵子の老化は実年齢に比例するため、AMHの値は年齢が高くなるほど反応が悪くなります。

■AMH値が低い場合

AMH値は不妊治療の指標として優れています。

そのため、AMH値が低い場合は、早期に治療を行った方がよいでしょう。
赤ちゃんをなかなか授からない場合は、その原因が分かるかもしれませんし、治療を行うにしても年齢の関係もありますので、早めに治療を受けてください。

■卵子の老化

卵子の染色体異常は女性の年齢と関係なく起きますが、年齢を重ねるにつれて受精卵が成長していく過程で細胞分裂に失敗するケースが増えてきます。

この原因は、卵子の老化だと考えられています。
女性の年齢によって妊娠率が下がるのは、子宮の衰えではなく卵子の質の低下が原因だと考えられています。
そのため、AMHを改善させることが大切になります。

■鍼灸によるAMH改善について

卵巣や卵子の老化は生殖器系のエネルギー不足や、血流の悪さ、ストレス、冷えなどが関係しています。
鍼灸治療では、お腹や腰のツボに暖かい温灸や鍼を施します。

また、それはホルモンの分泌や自律神経にも作用するので精神が落ち着き、肩こりなどの症状も緩和します。
鍼灸治療は、特に血流促進に効果があり血流を良くして卵巣の状態を改善します。

そのため、AMH改善には鍼灸治療がうってつけなのです。
AMHの数値が示すのは、あくまで卵子の在庫の目安でありその質や、卵子が順調に育つかどうかといった要素は判断できません。

そのため、AMH値が低くても卵子の質が良ければ、妊娠・出産される方はいらっしゃいますし、逆に高くても妊娠・出産されない方もいらっしゃいます。

しかし、卵子の母数は妊娠率に大きく関わりますので、気になる方は検査を受けてみてください。

WEB予約はこちら

電話でのお問い合わせ・ご予約は

Tel:0270-75-3443


pagetop
きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜